自動車保険 解約 乗り換え

途中解約するしないにかかわらず、自動車保険を乗り換えるとどうなるか気になるのが等級。その等級を引き継ぐ方法というのが「等級継承」です。ここでは等級継承のルールや気をつける点についてお伝えしています。

途中解約するしないにかかわらず、自動車保険を乗り換えるとどうなるか気になるのが等級。その等級を引き継ぐ方法というのが「等級継承」です。ここでは等級継承のルールや気をつける点についてお伝えしています。

自動車保険の等級継承制度

長年安全運転を続けてきたことに対する勲章というイメージもある等級。自動車保険を他の会社へ乗り換えると、等級は最初からやり直しと思っている方もいるようです。しかし、自動車保険には「等級継承」という便利な制度があります。この制度を使うと等級を下げること無く保険会社を変更することができます。使い方によっては等級維持だけではなく、さまざまな利点がありますので、具体例を挙げながらその利点についてご紹介していきます。

等級について

自動車保険の等級について、あなたはどれくらいご存知ですか?この等級というのは今までの事故や保険を使ったかどうかによって変わってきます。保険料も等級の数によって決まっていて、割引率の高さ(割増率の高さ)に関係しています。

等級を決める制度として行う契約をフリート契約、あるいはノンフリート契約と言います。フリート契約は10台以上のお車を所持する方、ノンフリート等級は9台以下の車を所持する場合に契約するもので、ほとんどの方はノンフリート契約をされているかと思います。

ノンフリート契約では最低1等級から最高20等級まで、はじめての契約なら6等級からスタートし、一年間無事故で過ごせば1等級ずつ毎年上がっていきます。事故をおこせば3等級(1等級)ダウンして、保険料の割引率に影響を与えます。ただし、事故を起こしても等級が下がらないノーカウント事故というものがあります。ノーカウント事故なら事故を起こしても等級が下がることはなく、通常通り翌年に一つ等級が上がります。

事故をおこし、3等級下がるような事故を「3等級ダウン事故」、1等級下がるような事故を「1等級ダウン事故」と言います。ダウン等級に関する決まり事も2013年に大きな改定がありました。同じ等級だったとしても、事故有と事故無では割引率が変わるという改定があったのです。これにより事故あり係数適用期間というものが生まれ、等級すえおき事故が廃止されました。これは、自動車保険の契約者側の不利になるような契約なので、気になる方はしっかり調べておくといいでしょう。

等級の引継ぎについて

自動車保険の等級は基本的に保険会社同士、損保会社同士ならそのまま引き継ぐことが可能です。最近はダイレクト型保険というものがありますが、代理店型保険からダイレクト型保険へ乗り換える場合でもOK。損害保険会社同士なら、どこでも等級をそのまま引き継げます。

等級は上がれば上がるほど割引率も高くなります。保険会社を変えて等級がリセットされるなら、保険会社を途中で変更する方はいないでしょう。しかし、それでは融通がきかず利用者は満足できません。等級はそのままで、保険料が安い保険会社に変更できるというのは利用者からしたら大きなメリットです。

損害保険会社同士で問題なく引き継げる等級ですが、共済がからんでくると話は違ってきます。一部の共済とは等級をそのままでは引き継げないのです。共済でも全労済やJA共済などとは等級を引き継げるのですが、教職員共済やトラック共済だと等級を引き継げないことがあるのです。教職員共済、あるいはトラック共済をご契約の方は保険会社へ乗り換える前に事前に確認してみてください。

家族間での等級継承

保険会社を変えるときに利用できる等級継承ですが、家族間でも等級の引継ぎができるということをご存知でしたか?

自動車保険の等級は家族同士でも問題なく引継ぎが可能です。その条件としては記名被保険者の配偶者、記名被保険者の同居親族、あるいは配偶者の同居親族です。配偶者といっても内縁関係でもOK。家族間での等級継承で重要なのは同居」しているかどうかということです。

家族間の等級継承で一番多いのが親から子供へと等級を引き継ぐケース。先程も申し上げましたが「同居」していなければ親子でも等級を引き継ぐことはできません。子供が運転免許を取得する頃には進学や就職、結婚して家を出ることになります。家を出ることが分かったなら、早めに等級継承しておくことをおすすめします。等級継承後、すぐに家を出たとしてもなんら問題はありませんから。

親から子供へのケースでは、子供がはじめて自動車保険を契約するタイミングが理想的。若いうちはいろんな行事ごとで経済的に不安定なところがあります。それを等級継承することで子供の負担を少なくしてあげることができるのです。6等級からスタートすれば経済的負担も大きくなります。

はじめての自動車保険契約でも、親の高い等級でスタートすることができればさまざまな利点を活用することができます。この場合、親は新規で自動車保険を契約することになりますが、子供が6等級でスタートするよりも有利な条件で自動車保険を契約することができます。同居して家計を一緒にしているなら、等級継承しなければ損。2台トータルして保険料を抑えることができる等級継承をうまく利用していきましょう。

等級継承の注意点

等級継承には多くのメリットがありますが、そのメリットを受け取るためにはルールを守らなければいけません。等級継承を問題なく行うために注意する必要があります。

等級継承を行う際、契約途中で他社へ乗り換えるのはもったいないです。なぜなら、等級が上がるタイミングが遅れてしまうからです。等級は一年間無事故であれば一つずつ上がっていきますが、一年間の契約を終えてはじめて等級が上がります。ですから、契約途中で他社へ乗り換えてしまうとそれだけ上がるタイミングが遅れるんですね。もし、乗り換え時期を伸ばせるのであれば契約満了まで待ったほうがなにかとお得です。

契約満了まで待ったとしても注意しなければならないことがあります。それは次の契約開始までの期間を空けないこと。次の契約開始まで空きがあると、その間は無保険状態で運転することになります。その時に事故を起こしてしまっては他社へ乗り換えた意味がありません。

契約満了から次の保険開始日までの期間にも気をつけましょう。自動車保険を他社へ乗り換える時は、前の保険満了日から7日以内に次の契約を開始しなければなりません。この期間を過ぎてしまえば、また等級をそのまま引き継ぐことができず、また6等級からはじめることになってしまいます。

保険料が割高になる事故あり係数適用期間とは

保険料の割引率が高くなるノンフリート等級制度の「事故あり係数」。保険料はドライバーの事故を起こすリスクによって変わってきます。事故をおこすリスクの基準になっているのがノンフリート等級制度。一年間無事故であれば一つずつ等級が上がっていくことはお伝えしましたが、一度事故を起こしてしまえば等級ダウンして割引率が高くなります。

例えば事故をおこさず10等級になった人と、事故をおこして10等級になった人とでは事故をおこすリスクが異なります。これを同じ等級でも公平にする目的で作られたのが「事故あり係数」なのです。同じ等級でも事故あり係数が付くと、その分保険料負担が大きくなるのです。

事故あり係数は等級ダウンの数だけ続くことになります。3等級ダウン事故をおこせば3年間。1等級ダウン事故なら1年間事故あり係数が適用されますが、この期間を事故あり係数適用期間と言います。3年で元の等級へ戻り、割引率も事故あり係数の無い従来の割引率へ戻ります。ですが、事故を繰り返してしまうと事故あり係数適用期間が伸び、最長で6年間は事故あり係数が適用されることになります。

ノンフリート等級が1等級まで下がってしまうと割引率が割増率になってしまうだけでなく、保険契約自体を拒否されてしまうことも。1等級まで下がってしまった等級をリセットする方法もあるのですが、それについてはまた今度。

自動車保険 解約 乗り換え © 2018