自動車保険 解約 乗り換え

自動車保険の保険会社を乗り換える時の等級の扱い方は?等級引継ぎのルールや注意点についてお伝え。失敗しない等級の引継ぎ方や、以外に知らないお得情報などをご紹介していきます。

自動車保険の保険会社を乗り換える時の等級の扱い方は?等級引継ぎのルールや注意点についてお伝え。失敗しない等級の引継ぎ方や、以外に知らないお得情報などをご紹介していきます。

自動車保険の乗り換え方

自動車保険の検討時期、満期を迎える時期に保険継続か乗り換えを検討される方が多いのではないかと思います。保険料が理由で乗り換えを検討される方が多いかと思いますが、保険料以外にも他社へ乗り換えるメリットはたくさんあるでしょう。そこで、ここでは自動車保険の乗り換えについて、失敗しない乗り換える方法についてお伝えしていきます。
 
自動車保険の乗り換えで等級はどうなる?

他の自動車保険へ乗り換えるのがはじめてという方は、等級がどうなるのか心配にされるかと思います。ご安心ください。基本的には自動車保険の乗り換えでは問題なく現在の等級を引き継ぐことが可能です。問題なく等級の引継ぎが行えるのは損害保険会社同士での乗り換えで、共済保険から損保会社へと言う場合、等級引継ぎができないこともあります。

等級の上下は一年間無事故であったかどうかで決まります。それは他社への乗り換え時でも同様で、一年間無事故運転で契約満期を迎えると次の契約で一つ等級が上がります。気をつけるべきことはきちんと満期を迎えること。タイミングがズレるとせっかくの等級アップのチャンスを見逃してしまうことになります。

等級アップのタイミングを逃さないためにも、余裕を持って乗り換えて続きを進めていきましょう。満期から7日以内なら次の契約で等級を引き継ぐことができます。

次に乗り換える保険会社へは正確な情報を伝えましょう。等級を下げないためにウソの報告をしてもいいことはありません。実際にウソの報告をしても契約時にバレることはないでしょう。ですが、その後に行われる移行元の情報開示で事故を起こしていたことははっきりします。そうなれば追加で保険料を支払うよう求められ、相手方との信頼関係に疑問符が付いてしまいます。最悪の場合は契約解除となり、補償のないまま運転することにもなりかねません。

乗り換えの手順

自動車保険の乗り換え時期としてベストなタイミングは満期日です。満期日よりも前なら等級引継ぎで損をしてしまうことになりますので、よほどの理由がない限りは満期日で乗り換えるのが一般的。自動車保険の契約は3か月前から受付していると思います。満期の3か月前から手続きを進めておけば余裕を持って事に望めるでしょう。

最近の自動車保険はダイレクト型保険といって、ネットで申込完了まで完了できる保険会社もあります。専用ウェブページから必要項目を入力するだけで契約することができるでしょう。もちろん電話での申込みでもOKですが、電話で申し込む場合は乗り換え先の保険会社へ、乗り換えることを伝えて話を進めていってください。

申込時に必要な書類としては契約中の自動車保険の保険証証券、運転免許証、車検証の3つ。前もって用意しておいて手続きに望みましょう。どれか一つでも無ければ手続きを進めることはできません。

満期で他社の自動車保険へ乗り換える際のメリットが、前契約の手続きが無いということ。前契約の更新をしなければ自動的に契約終了となるので、面倒な手続きをする必要はありません。もし、自動継続特約を付けている場合は解約手続きを済ませておいてください。

保険会社を乗り換えるメリット

①保険料が安くなる
保険会社を乗り換える理由の一番が保険料の安さでしょう。補償やサービス面で優れているので他社へ乗り換えるという場合もあるでしょう。同じ金額でも補償内容が充実しているなどいろんな理由があるでしょうが、同じ保険料でも内容が充実していればお得感もありますね。

②自分に合う特約を付けられる
保険会社により特約の種類も数も違います。例えば自動車事故以外の怪我の補償、海外で怪我をした時も保障してくれるものがほしいなど、ユーザーの要求はさまざまです。より良いサービスを求め、充実した特約を付けることができます。

③充実したロードサービスが可能になる
保険会社が提供しているロードサービスも三者三様、各社それぞれに特色があります。充実したロードサービスを求める方には大きなメリットがあるでしょう。

満期前に乗り換える場合は?


自動車保険の契約途中で乗り換える場合には注意しなければ行けない点がいくつかあります。めったに無いことでしょうが、ここでは満期前に他社へ乗り換える時の注意点をご紹介します。

契約手続きの手間が増える

満期日で乗り換える場合は、前契約は更新しなければいいだけなので、次の保険会社との手続きとなります。これが契約途中での乗り換えとなると、乗り換え前後の両社とのやりとりが必要になります。心配される契約終了と開始日のズレをに注意して、て続きを進めておく必要があります。

等級引継ぎができないことも

先程お伝えした契約終了と開始日のズレがあると等級が引き継げないこともあります。前契約を解約してから7日以内には次の契約がはじまるようにしてください。

等級が上がらない

自動車保険を途中で解約してしまうと無事故状態が1年経っていないので、その時点の等級をそのまま引き継ぐことになります。次の契約スタートから一年間経たないと等級アップしないことになりますので、この点は意識しておいてください。

事故ありなら解約時点で等級が下がる

前契約の期間中に事故を起こしてしまった場合、次の契約開始時に等級ダウンとなりますが、途中解約だと乗り換え保険の開始時に等級が下がることになります。本来ならば、もう少し後に下がるはずだった等級の下がるタイミングが早まることになるのです。等級の進み方も遅れてしまうので、この点は大きなデメリットと言えるでしょう。

解約払戻金が日割り計算にならない場合も

自動車保険を途中解約した場合、すでに支払っている保険料があれば払戻金を受け取ることができます。ですが、払戻金は短期率という保険会社が設定する料率にしたがい支払われることが多いです。途中解約では払戻金は日割り計算にならない可能性もあることを覚えておいてください。

自動車保険の等級について

自動車保険の乗り換えでさまざまなメリットを得ることができるとお伝えしました。それは等級についても同じです。等級は一年間無事故であれば一つづつ上がっていくものですが、満期を迎えなければ等級がアップすることはありません。では、この等級とはどのようなものなのでしょう?

自動車保険の等級は、それまでの事故の有無によって決められ、その等級に応じた保険料の割引率を適用するものです。等級は車の所有台数によってフリート等級とノンフリート等級に分けられます。普通は9台の所有になるはずですから、多くの方がノンフリート等級制度を利用することになります。

損保会社同士では問題なく等級を引き継ぐことができ、共済保険からの乗り換えの場合に等級を引き継げない可能性が出てきます。また、等級は自分だけではなく、家族間でも引き継ぐことが可能。その条件は記名被保険者の配偶者、同居親族、配偶者の同居親族です。配偶者とありますが、内縁関係の同居人でも配偶者と同じと判断されます。

多くの場合、等級引継ぎは親から子へと引継がれることが多いです。親の持っている等級を子供へと引き継ぐことができれば、子供の負担を軽減することができ、親としてもありがたいでしょう。ただし、等級引継ぎは同居していることが条件です。もし、別居することがあらかじめわかっているのであれば、早めに等級引継ぎをしてしまいましょう。等級を引き継いが直後に別居したとしても何ら問題はありません。

しばらく車を運転しない場合でも等級を維持することができる中断制度があるので、そういう制度をうまく利用してノンフリート等級を上手に活用していきましょう。

自動車保険 解約 乗り換え © 2018