自動車保険 解約 乗り換え

自動車保険を途中解約して乗り換える際に気をつけるポイントがあります。タイミングを間違えると大きな損失にもなりかねません。自動車保険の乗り換えタイミングと注意点について解説していきます。

自動車保険を途中解約して乗り換える際に気をつけるポイントがあります。タイミングを間違えると大きな損失にもなりかねません。自動車保険の乗り換えタイミングと注意点について解説していきます。

途中解約して他社の保険に乗り換えるときのポイント

自動車保険を他の会社に乗り換える時、ほとんどの場合が途中解約になることと思います。途中解約で心配されるのが違約金かと思いますが、自動車保険を契約途中で解約しても違約金を払うことはありません。その手続は簡単なものですが、注意すべき点もあります。

自動車保険の解約が初めてという方は、どうやればいいのか心配なところもあるでしょう。解約して途中で他の会社へと乗り換えたい場合、等級引継ぎや解約返還金など注意するポイントがあります。乗り換えで損をしてしまわないためにも、ここでは途中解約で意識すること、注意すべき点などご紹介していきたいと思います。

まず、調べてほしいポイントが不要な保険、特約はないか?運転者の条件は適切か?使用目的や走行距離などは合っているかなどチェックしてみてください。そのうえで以下の3つに気をつけてみてください。

 保険の空白期間を作らない
途中乗り換えでは空白期間を作らないことがポイント。今の保険の解約日を次の保険の開始日にします。空白期間にも万が一事故を起こしてしまった場合には・・・わかりますよね?車を売って手放すときも、解約日は手放す日よりも後にします。

 解約払戻金を忘れない
自動車保険の保険料を一括で支払った場合、残り期間により解約払戻金を受け取ることができます。せっかくもらえるのですから、もらい忘れのないように気をつけてください。

 保険期間通算特則とは
途中解約のタイミング次第では、次の更新の際、等級が上がらないということが多々あります。これを解決してくれるのが「保険期間通算特則」です。保険期間通算特則では新旧それぞれの契約を1年未満の短期契約とし、合算して1年の契約とする考え方。新しい保険開始日が同じでないといけないところは注意してください。

自動車保険の乗り換えでは自動車保険から共済へ。共済から自動車保険へ乗り換えるといった場合に等級引継ぎができない場合もあります。後で後悔しないためにも、事前に調べておきましょう

乗り換え時の手続き

 自動車保険の乗り換えの時の手続きはたった6つのステップで完了。注意点としては、契約中の保険解約日と乗り換えする保険の開始日を同一にすることです。

①乗り換え先の保険会社へ、他社から乗り換えることを伝える
②契約している保険会社へ解約の胸を伝える
③次の保険会社から送られる書類に必要事項を記入し準備
④契約会社からの書類へ必要事項を記入し、保険証券を同封し返送
⑤解約日と開始日を合わせ、乗り換え先の保険手続きを開始
⑥新しい保険会社へ彫金を支払う

自動車保険の途中解約はそれほど難しいものではありません。ポイントは「解約日と次の保険の開始日を揃える」「解約払戻金を受け取る」「等級引継ぎをする」の3つ。この3つに注意して行えば問題ないでしょう。

等級引継ぎとは

自動車保険の乗り継ぎで大切なのがタイミングと事故歴。自動車保険は等級や事故の有無によって保険料金が変わります。それまでに事故がなく問題なければ割引率も高くなっていきます。契約途中で解約すると、現在の等級のまま、次の契約がスタートとなります。できれば満期の日にタイミングを合わせるといいでしょう。

今の契約期間中に事故を起こしていた場合、次の契約時から等級ダウンした等級からスタートとなります。満期まで待てば、等級が下がるのを遅らせることはできますので、途中解約した場合の次の契約でのメリットとデメリットを比べ、判断されてみてください。

次の契約へと等級を引き継ぐことを等級継承といいます。これは、本人の等級を引き継ぐだけではなく、夫婦間や家族間、同居親族であれば等級を引き継ぐことができます。この方法を使えば、保険料の総額を大幅に引き下げることが可能です。

家族間での等級引継ぎ

等級は家族同士で引き継ぐことが可能です。等級と自動車保険は切っても切れない関係です。なぜなら契約者の安全度、信頼度に合わせて保険料の割引率が決まるのですから。

普通、自分の子供が免許を取得し、新たに自動車保険は加入すると、6等級からスタートします。ですが、自分の等級を子供へと引き継げば保険料が安く抑えられるのです。以下に例を出してみましょう。

例1)等級入れ替え無しでの契約
親:20等級→35,000円
子:6等級→187,000円

例2)等級入れ替えありでの契約
親:6等級→54,000円
子:20等級→88,000円

両者は合計で80,000円もの差が出てしまうのです。

家族間での等級引継ぎは「車を新たに購入した場合」と「現在乗っている車を廃車にする場合」のケースがあります。この2つの条件を満たしたうえで「契約者の配偶者」「契約者の同居親族」「配偶者の同居親族」であれば等級引継ぎが可能です。

注意するのが同居であるという条件。契約する時点で同居していればいいので、親元から子供が離れていく予定があれば、同居している内に契約をっ住めておきましょう。等級引継ぎの手続きは簡単ですから。

例1)親から子供へ等級を引き継ぐケース
①高い等級(本人)と低い等級(子供)へ車両入替の申請
②子供の車へ車両入替後、保険名義を親から子供へ変更
③親の車は新規で任意保険へ加入

例2)自分は車に乗らず、子供へ等級を譲るケース
①高い等級(本人)と低い等級(子供)で車両入替の申請
②上の①と同時に低い等級の保険解約(⑦等級以上なら中断証明書発行を依頼)
③子供の車へ車両入替後、保険名義を子供へ変更
④親の車を廃車手続き

会社によっては車検証の名義変更が必要になることもあります。詳しいことは保険会社へ確認ください。

セカンドカー割引も

セカンドカー割引を利用しても親子の自動車保険の総額を安くすることができます。セカンドカー割引という名前の通り、2台目の車の保険料を安くすることができる制度です。条件を満たすことができれば、セカンドカーと言わず3台目でも4台目でも保険料を安くすることができます。

セカンドカー割引を利用することができれば、通常は6等級からスタートするところを7等級からスタートすることができます。例えば全年齢保証の場合、6等級の割増引率+28%なのに対し、7等級の割増引率は+11%。26歳以上補償の場合は6等級の割増引率-9%なのに対し、7等級の割増引率が-40%となります。

例を出すと判りやすいかと思います。例えば新規で18歳の男性が自動車保険を契約すると、基本保険料が10万円とすると6等級と7等級で17,000円ほども差額がでてくるのです。

6等級からスタート → 128,000円(10万円×1.28)
7等級からスタート → 111,000円(10万円×1.11)

セカンドカー割引の条件

自動車保険の保険会社により多少変わってきますが、セカンドカー割引の条件は以下のようになります。

 1台目の等級が2台目の保険開始日で11等級以上である
 1台目も2台目も所有者が個人である
 契約者の所有者、記名被保険者が本人、配偶者、どちらかの同居親族である


他にも8車種という条件がありますが、この条件はほとんどの方が満たしている条件でしょう。

ノンフリート多数割引制度

保険会社によりますが、ノンフリート多数割引を受けられることがあります。ノンフリート多数割引というのは複数の契約を一つにまとめることにより保険料を安くできる制度。セカンドカー割引と併用できるので使わなければまったくの損です。

注意しなければいけないのが、1台目と2台目の保険会社を同じにしなければいけないということ。異なる保険会社であっても、次の更新時に一つを解約して一つにすればノンフリート多数割引を利用できます。

等級の高い契約に補償を集めるという裏ワザ?もあります。次のような保険、特約は1台に付けておくだけで同居家族の補償もできるので、ご利用することをおすすめします。

・人身傷害保険の車外事故の補償
・弁護士費用特約
・個人賠償責任補償特約
・ファミリーバイク特約など

自動車保険 解約 乗り換え © 2018